FXで負け続けた初心者の私が稼げるようになった方法「ループイフダン 」実績も公開

サラリーマンの副業として人気の「FX」ですが、実際は難易度が高く、ほとんどの人が資金を溶かしていることでしょう。
私も例に漏れず、失敗を繰り返していましたが、アイネット証券が提供している「ループイフダン」というサービスに出会ったことをきっかけに、稼げるようになりました。

ループイフダンは〝初心者にありがちな失敗を回避しやすい〟というメリットを持った自動売買サービスで、ゆとりをもって取り組めば、ほったらかしていても、四六時中コツコツと利益を積み重ねていきます。

私は実際に60万円を資金にして取り組み、1年で約14万5000円の利益を得ることに成功しました。

三大メガバンク(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)やゆうちょ銀行に60万円を預けていても、もはや年6〜12円の金利しかつきませんよね。

比較(60万円を1年運用)

  • ループイフダン 145,000円 ←1.24%
  • 定期預金の金利 6〜12円 ←0.001〜0.002%

ループイフダンは「知っていれば得をする」という類の技術です。

 

この記事では「そんなうまい話があるのか?」と思ったあなたへ向けて

  • ループイフダンがどうして儲かるのか
  • 私が運用している設定と実績
  • メリットとデメリット

を中心に解説します。
高額な不妊治療費を工面する副業として紹介しますが

  • 年金があてにならなず将来に不安を抱えている人
  • FXで勝てない人
  • 簡単に取り組める資産運用法を探している人

にも読んでいただければと思います。

\ 3ステップ5分で完了 /

スポンサーリンク

初心者には難易度が高いFX|負け続けた私が出会ったループイフダン

自己紹介
この記事を書いている私は、妊活3年目の35歳のサラリーマンです。
私たち夫婦は高度生殖医療(ART)も視野に入れて取り組んでいます。1回の体外受精にはトータル30万円以上かかるのが一般的。顕微授精ともなれば、50万円を超えることも珍しくないです。
私たちは高額な不妊治療費を工面するためにさまざまな副業に挑戦しています。

私はFXで負け続けていました

私がループイフダンに出会うまでの流れをまとめると次の通り。

  1. 2016年冬
  2. 〝達人〟に任せたトレードで失敗

  3. 2017年春〜冬
  4. 裁量トレードを勉強するものの負けを繰り返す

  5. 2018年春
  6. ループイフダンと出会い、デモトレードを試す

  7. 2018年夏
  8. 妊活をはじめ、不妊治療費を工面するために、新聞配達を始める……FXから離れる

  9. 2019年春
  10. デモトレードを試していたことを思い出し、口座資産が増えていることに驚く

  11. 2019年夏
  12. 60万円を資金にループイフダンを運用開始

  13. 2020年夏
  14. 年利24%ペースで口座資産を積み上げている

 

私がFXをはじめたのは、結婚して間もない2016年。
〝最上流の情報への投資〟をうたったセミナーに成り行きで参加し、講師に勧められたのがきっかけです。

講師に勧められた内容は、〝達人〟と呼ばれる投資家が自分に代わって運用してしてくれるというものでした。
FXは「99%が負ける世界」と聞いており、興味がありながらも一歩が踏み出せずにいた私には、とても魅力的な内容でした。
しばらく様子を見ることにしましたが、セミナーのLINEグループには「月利10%以上だった」という報告が相継ぎ、「ならば私も」と勇んで入金しました。
達人のトレードは、リアルタイムで確認できるシステムで、資金が増えた減ったと一喜一憂。
しかしそのうちに含み損が増え、講師から「強制ロスカットを回避するためには追加入金を」という指示がありました。
入金したものの結局、ロスカットになり、全資金がなくなった上、追証(追加証拠金)を支払う破目になりました。
わずか1ヶ月足らずの出来事で心底へこみました。

失った資金を取り返そう……と、自分の判断で行う「裁量トレード」を一から勉強し、教材やサインツールにも手を出しましたが、結局、大きな負けを繰り返し、また、チャートを監視し続けるストレスも相まって体調を崩すことが多くなりました

裁量トレードの負けから学んだこと

FXは99%が負ける世界……達人ですら負けるのだから、初心者が負けるのは当たり前なのかもしれません。

裁量トレードの敗因はトレーダーの数だけあるのでしょうが、最たるものは「感情に左右される」ことだと思います。

敗因

  • 含み損を抱えると苦痛を感じ、損切りの機会を失って損失を拡大させる
  • 利益が乗ると、焦って利益確定を急ぐ

指値注文を頻繁に変更してしまい、損失を拡大させることが多かったです。
これは初心者にはありがちな失敗だといいます。

ループイフダンは裁量を排した感情に左右されないサービス

負けを繰り返した果てで出会ったのが自動売買サービス「ループイフダン」です。
1%のトレーダーしか勝てないFXにあって、ループイフダンはなんと80%が勝っている(アイネット証券調べ)というではありませんか。

アイネット証券[アイネットFX]

アイネット証券ループイフダンの無料申し込みはこちら

ループイフダンは、あらかじめ決めたルールに従ってコンピューターがトレードを繰り返します。
感情に左右されないサービスという訳です。

無料で体験できるデモトレードが用意されており、入門書を参考に半信半疑で「B15(USD/JPY) 1000通貨」を設定してみました。
参考にしたのは『為替王の最強FX投資 ループイフダン』。


そして『普通の主婦と脱サラリーマンがたどり着いたお金の殖やし方 ラクラク稼ぐFX ループイフダン』です。

 

しかし、この直後、私たち夫婦は本格的な妊活をスタートさせることに……。
高額な不妊医療費を工面するために新聞配達を始めるなど生活が一変し、FXのことはすっかり忘れてしまいました。

ループイフダンのデモトレードを思い出したのは10ヶ月後。
スマートフォンの専用アプリを立ち上げて驚きました。

なんと口座資産が10万円以上も増えていたのです。
取引数量を1万通貨で運用していたならば100万円の利益です。

FXで初めて手応えを感じた私たちは、新聞配達で得た報酬の60万円を資金にして2019年7月からリアルトレードをスタートさせました。
設定はデモの時と同じ「B15(USD/JPY) 1000通貨」

結果は冒頭で紹介したように口座資産が増え、14ヶ月目の2020年8月26日の口座資産は次の通りになっています。
ちなみに口座資産が増えたことに合わせて、2020年7月から取引数量を増やしました。

スポンサーリンク

初心者でも勝てるループイフダン|利回り24%の実績が老後の不安も取りのぞく

ループイフダンは裁量トレードのように一気に稼ぐことは出来ません。
長期で運用しながら、小さい利益をコツコツと積み上げていきます。

この記事を読んでいる人の中には、14万5000円という実績に物足りなさを感じる人もいるでしょう。
しかし「年間利回り24%」をあなどってはいけません。
24%が維持できると仮定して、複利運用(利益を元本に組み込み、運用資金を増やしていく方法)したシミュレーションをグラフにしてみました。

なんと、20年先には4400万円に届きます。
年間利回り20%でも20年後には2300万円です。

「老後2000万円問題」が関心を集めましたが、今からゆとりを持ってループイフダンを運用することで、不安を取りのぞくことができそうです。

もちろん、利率が維持できる保証はありませんし、税金を納めなくてはなりませんから、実際にはシミュレーション通りとはいきませんが、資産が増え続ける未来がイメージできると思います。

初心者でも稼げるループイフダンの仕組み

ループイフダンは、金融庁に登録を受けている国内FX会社「アイネット証券」が提供するサービスです。
口座開設(無料)だけで利用でき、別途にツールなどを購入する必要はありません。
スマートフォン用の専用アプリも用意されているので、パソコンがなくてもはじめることができます。

Good

  • 国内FX会社が提供しているので安心
  • 口座開設(無料)だけで利用できる
  • PCはもちろん、スマートフォンでも利用できる

為替相場のおよそ7割を占めるレンジ相場を利益に変える

私が最初に手にした入門書の著者はループイフダンを「定置網漁」に例えています。
ほぼ同じルートを回遊する〝回遊魚〟を捕まえるなら、定置網漁が効率的でラクだという前置きをして次のように説明しています。

ループイフダンは〝一定の場所に網を張る定置網漁〟のようなものなのです。
なぜかというと、為替レートが動くと予想される範囲内に、一定の為替差益を繰り返し狙う「自動リピート注文」(利益を確定する注文と損切りを同時に予約する注文)を一定間隔でいくつも置く仕組みだからです。その範囲内で為替レートが上下動を繰り返している間は、私たちは働いているときも、寝ているときもコツコツと注文と利食いを繰り返してくれるわけです。まさに〝定置網漁〟ですよね。

2017年 株式会社扶桑社 為替王『為替王の最強FX投資 ループイフダン』 7頁より引用

著者は次のようにも書いています。

ではなぜ、こうしたループイフダンが有効なのか。それはズバリ、「為替相場のおよそ7割がレンジ相場」だからです。(中略)ここが非常に重要なポイントです。
レンジ相場とは、一定の範囲を行ったり来たりする相場のこと。100〜110円のレンジ相場という場合は、この10円の範囲内で上下動を繰り返している相場を指します。つまり、7割がレンジ相場ということは回遊ルートがほぼ決まっているのと同じというわけ。
だから、ループイフダンが有効になるんです。

2017年 株式会社扶桑社 為替王『為替王の最強FX投資 ループイフダン』 7、8頁より引用

ループイフダンは、これ以上にないシンプルな仕組みで、最初に1回だけ簡単な条件設定(通過ペア、売買方向、値幅など)をして開始すれば、次のようなイメージで利益を積み上げていきます。

参照:アイネット証券

参照:アイネット証券

このように相場の上下動を利用して売買を繰り返し、効率よく利益を積み上げていきます。
裁量トレードでは追えないような細かい値動きも逃しません。

参照:アイネット証券

ループイフダンのデメリット

ここまではループイフダンのメリットを紹介しましたが、デメリットもあります。
デメリット……というより心構えという方が適切かもしれません。

心構え①

  • 含み損が発生するのは当たり前

含み損を抱えると、最初は動揺してしまうかもしれません。
しかし、ループイフダンは含み損を抱えながら利益をコツコツを積み上げていく手法です。
「当たり前」だと割り切れれば、ポテンシェルを最大限に発揮します。

心構え②

  • 予想と反対にどれだけ動くかを想定する

ほったらかしで利益を積み上げるには、ゆとりを持った運用が大前提です。
強制ロスカットが発生しないように、為替レートが予想とは逆に動いた場合の最大変動幅を考えなくてはいけません。
なんだか難しい……と思う人も多いでしょうが、アイネット証券は通貨ペアごとに目安資金表を用意してくれていますので、これ参考にすれば大丈夫です。

メリット

  • 感情に左右されない
  • 四六時中、稼いでくれる
  • 収益力が高い
  • シンプルな仕組みで初心者でもはじめやすい

心構え

  • 含み損を抱えることを受け入れる
  • 逆に動いた場合の最大値幅を想定する

ループイフダン初心者の私が運用した月別実績

最後に私の月別の実績を紹介します。

設定は「B15(USD/JPY) 1000通貨」で、「損切りなし」を選んでいます。
2019年夏の暴落、2020年春のコロナショックなど冷や冷やする時期もありましたが、私の心配などお構いなしに、コツコツと利益を積み上げてくれました。

2019年7月9,258円
2019年8月22,452円←ドル円急落
2019年9月13,125円
2019年10月12,071円
2019年11月6,479円
2019年12月3,945円
2020年1月8,082円
2020年2月12,394円
2020年3月21,559円←ドル円急落
2020年4月13,219円
2020年5月9,932円
2020年6月12,480円

このように大きく稼げる月、稼げない月はありますが、平均すれば1万2000円ペースで口座資産が増えました。
ちなみにループイフダンは小額からでも取り組めますが、リスクを押さえて安定的に運用するなら30万円ぐらいの資金ではじめることをおすすめします。

まとめ

ループイフダンのメリットを紹介しましたが、最大のメリットは「ほったらかしで運用できる」ことだと思います。
あなたがサラリーマンや主婦であっても、時間を気にせずに取り組むことができ、他の副業を組み合わせることも簡単です。

私は「セブンポケット」を目標にしています。
セブンポケットは、リーマンショック後に、アメリカで生まれた考え方ですが、「豊かな人生を送るために少なくとも7つの収入源を持とう」ということです。
私たち夫婦は、高額な不妊治療費を工面するために副業をはじめましたが、家族が増えた未来を想像すれば、副業がますます重要になることは容易に想像できます。

不妊治療費の支払いに追われて、老後に2000万円なんて夢のまた夢と思っていた私たちに希望を与えてくれたのは間違いなくループイフダンです。

口座開設(無料)を行い、この記事で紹介した入門書を参考にすれば、誰でも簡単にはじめられます。
あなたも、お金に苦労しない未来を手にいれませんか。

 

\ 3ステップ5分で完了 /

▲アイネット証券の公式サイト▲




 

あなたにオススメの記事